OSSO(オッソ)

アクセスカウンタ

zoom RSS WICED Sence

<<   作成日時 : 2015/01/25 04:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Intel EdisonはNode.jsのcylon-wiced-senseでセンサー値が取得できるようなので、米ブロードコムのWICED Senceを購入しました。

WICED Sence


この商品は、BLE対応機器が必要です。

Android用アプリが提供されおり、Nexus7 2013 5.02てセンサー値が読み取れることを確認しました。

付属するバッテリは60%ぐらいの値が表示され、センサー値を取得するとバッテリの減りが早い印象です。翌日、新品のバッテリに交換しましたが、初期値は60%で減りの印象は同じです。

次にIntel EdisonにNode.jsのcylon-wiced-senseの環境を整えて試してみました。

~/node_modules/cylon-wiced-sense/examples/wiced-sense# node wiced-s
ense.js

I, [2015-01-24T18:59:38.662Z] INFO -- : Initializing connections.
I, [2015-01-24T18:59:39.205Z] INFO -- : Initializing devices.
I, [2015-01-24T18:59:39.264Z] INFO -- : Starting connections.

Senceの値が取得できません。

~/node_modules/cylon-ble/bin# node blescan.js
Starting scan.
Peripheral discovered!
Name: WICED Sense Kit
UUID: MACアドレス
rssi: -69

WICED Senceにはアクセスできているようですですが、問題解決には時間がかかりそうです。時間より、TIのSensertagで試そうか・・・そんな気分です。

同社の開発者向けコミュニティサイトに登録すると開発用のソフトや各種ソースコードが入手できるようですが、Gmailの個人アドレスでの登録は承認を得られませんでした。個人向けの商品ではないようですが、購入は可能です。

Intel Edisonの用途が広がる商品と思います。

参考にしたサイト
その場の温度や気圧が分かるセンサーから未来のIoTを想像する
WICED SenseをIntel Edisonから使う
2015/1/16 Broadcom WICED Sense 再入荷!

2015.2.1
YoctoのBlueZは5.18ですが、Intel Edison Bluetooth Guideには一部BlueZ 5.24の記載があります。

YoctoのBlueZをアップデートする方法の情報がなかったので、ubilinux(Debian)にBlueZ-5.27を入れて試してみましたが、結果は同じでサンサーの値は取得できませんでした。

現時点でこの方法が最善かは不明ですが、
https://communities.intel.com/thread/56092?start=15&tstart=0
で設定しました。(Yoctoからファイルコピーが必要です)

あきらめかけていたところ、本日、Yoctoのアップデートを行い、センサーの値が取得できるようになりました。やった!

# opkg update
# opkg upgrade

# node wiced-sense.js

data: { accelerometer: { x: -23, y: -13, z: 85 },
gyroscope: { x: -531, y: -459, z: 517 },
magnetometer: { x: -689, y: -1292, z: -941 } }
data: { humidity: 396, pressure: 10182, temperature: 171 }

wiced-sense.jsのuuidは、blescan.jsで取得したUUID(MACアドレス)を記述しました。

2015.2.6
wiced-sense.jsでセンサーの値が取得できるようになったら、Nexus7 2013 5.02のアプリは接続が切れて、センサー値が読み取れません。なんで?

2015.2.8
電池交換とペア登録をやり直したところ、アプリは利用できるようになりました。wiced-sense.jsはセンサー値が取得できず、最初の状態に戻りました。Yoctoのアップデートは関係なかったようです。

# node wiced-sense.js
I, [2015-02-08T01:31:34.481Z] INFO -- : Initializing connections.
I, [2015-02-08T01:31:35.020Z] INFO -- : Initializing devices.
I, [2015-02-08T01:31:35.079Z] INFO -- : Starting connections.
I, [2015-02-08T01:31:38.750Z] INFO -- : Starting devices.
I, [2015-02-08T01:31:38.754Z] INFO -- : Working.
センサー値が取得できない。

USB給電の影響を疑い、DCジャック(マル信無線電機 MJ−179SMT)を輪ゴムで仮止めして確認しましたが、wiced-sense.jsはセンサー値が取得できませんでした。
Intel Edison DCジャック


# bluetoothctl
を使っていろいろ試していたら、wiced-sense.jsでセンサー値が取得できるようになりました。センサー値が取得できなくなったと言うよりは、Intel Edison側のBLEの設定が不足していたのだと思います。よかった。

# rfkill unblock bluetooth
は、はじめから設定していましたが、起動時に時々有効化されないことがあります。DCジャックから給電の方が安定する印象です。

以上

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
WICED Sence OSSO(オッソ)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる